ポリフェノールにと美容には、深い関わりがあるとされています。そのため、多く含まれている野菜や果物は常に人気があり、天然素材から抽出した成分も、女性を中心に好評です。

その特徴は、抗酸化作用にあります。
実は、ポリフェノールという名称は、植物成分の総称であり、その数は5000種類と膨大です。

光合成よって野菜や果物の中に生成され、苦味のもととなります。一方、植物細胞の生成や活性化という働きもあり、今も各地で研究中です。

1992年にはじめて、フランスの科学者がポリフェノールと健康促進の関連性を示唆し、大きな話題を呼びました。

抗酸化作用によって期待されるのは、動脈硬化や脳梗塞などの循環器系疾患の予防や、ホルモンの促進です。

もちろん、同じポリフェノールによっても成分が変わってくるため、使い分けることが求められます。

野菜や果物と違って、サプリメントであれば、手軽に接種することができるため便利です。

ただし、過剰摂取はかえって働きを損なう可能性があるため、用量と用法はしっかりと守らなければなりません。

ポリフェノールのサプリメントには、血流改善や肌の引き締めなど、ニーズに合わせた製品も出ています。自分の体質に合わせたものを優先して、その抗酸化作用を確かめていきましょう。