脂質は脂肪として蓄積されるイメージから、ダイエットや健康には良くないものとして見られるものの、実際には人にとって必要な栄養素ですので、摂取しないのは却って健康を損ねます。

とはいえ、食べすぎるのは確かによくありませんので、正しい摂取方法を知りましょう。

不飽和脂肪酸という脂質があります。血中のコレステロールのバランスを良くする良質な脂質で、積極的に摂取したほうが良いとされています。

不飽和脂肪酸は一価と多価の2種類に大きく分類されており、一価がひまわり油やオリーブオイルなどのオレイン酸が該当します。

悪玉コレステロールを減らす効果を持っています。

多価はたくさん種類があり、αリノレン酸やDHAにEPA、リノール酸やガンマリノレン酸、アラキドン酸が存在します。

このうち、ガンマリノレン酸とアラキドン酸以外は必須脂肪酸で、食事から摂取する必要があるものです。

いずれも優れた作用を持つ不飽和脂肪酸ですが、摂取カロリーが総じて高めですので、体に良いからといってとり過ぎには注意しましょう。

これらの脂質をとりつつも、食事バランスを考えて低カロリーな他の食材を組み合わせることで、摂取カロリーが過剰になるのを防ぎます。