食物繊維は、腸内環境を整えるのに優れています。食物繊維には、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の二種類に分かれています。

水溶性食物繊維は名前の通り水に溶ける性質を持った食物繊維のことです。

ペクチンと呼ばれる果物や野菜類に多く含まれる成分やアルギン酸と呼ばれる藻などに含まれる成分が該当します。

水溶性食物繊維の働きとしては、炭水化物の消化や吸収を緩やかにしてくれる働きがあることで血糖値の急上昇を防いでくれます。それから、善玉菌を増やしてくれるため便秘の解消に優れています。
もう一つの不溶性食物繊維は、水に溶けずに形を保つ食物繊維です。こちらは、胃や腸で水分を吸収して大きく膨らむという性質を持っています。こんにゃくなどに多く含まれる成分です。

摂取することで得られる効果としては食べすぎを防いでくれる作用があり、少ない量でも満腹感を得ることが可能です。そのため、ダイエット効果に優れています。

もしも食物繊維を摂取しながらダイエットを成功させるのであれば、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維をバランスよく摂取するようにしておけば成功しやすいといえるでしょう。

バランスとしては、水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の比率が1:2になるのが理想とされます。納豆やオクラには水溶性食物繊維と不溶性食物繊維が両方入っているため摂取することは美容にも良いです。