ダイエットをしていくうえで、ただ食事制限をしてカロリーカットをすればよいという物ではありません。
その方法ですと、筋肉から減ってしまうということもあります。
筋肉が減ってしまうことで、代謝はどんどん落ちて、太りやすい体質になってしまいますので要注意です。

有酸素運動と、無酸素運動をうまく使って、筋肉を付けて脂肪を燃焼させるということが重要です。
代謝を上げるためには、やはり筋肉の存在は重要ですし、体温があがる、代謝があがることで老廃物がたまりにくくなり、便秘、むくみ、冷えなども解消したり、エネルギー消費も高まり、さらに脂肪燃焼がしやすくなります。

食事のバランスとしては、炭水化物が多いと、脂肪として蓄えられてしまうことにつながります。
また、筋肉をつけるためには、タンパク質が重要です。
プロテインにも含まれていますが、食事でも意識してとるようにしていきましょう。
高たんぱく、低脂質、低糖質というのは基本的なダイエットの食事の作り方です。

タンパク質が多い食べ物としては、とりのささみ、皮なしの胸肉、またマグロの赤身などが挙げられます。
またダイエット効果があると注目されている、サバの水煮というのもあります。