シミは年齢を重ねるごとに増えていきますよね。それはしょうがないことでもあるのですがなるべく回避していきたいですよね。
食事でもシミを作りづらいようにすることが可能というのをご存知でしょうか?
果たしてどのようなものを食べれば予防が出来るのでしょうか?

抗酸化ビタミンでメラニン沈着を抑える

シミの予防にはメラニン色素の沈着を抑える抗酸化ビタミン(β-カロテン、ビタミンC・E)がいいと言われています。
特にビタミンC・Eは、できたメラニン色素を還元してシミを薄くする効果もあります。
紫外線が強くなる3月からは、積極的に補給しましょう。
リコピンは肌を老化させる活性酸素を無害化するので、シミができるのを抑えてくれる効果があります。

β-カロテン

β-カロテンは紫外線による肌老化に効果があると言われていて夏には多めに摂取するといいとされています。
優れた抗酸化作用を持ち、10時間後に力を発揮するので、夕食時に摂るのが効果的だともいわれています。

β-カロテンはシソ、ほうれん草、バジル、パセリ、ニンジンなどから摂取することが可能です。

ビタミンC

線維芽細胞の働きを高め、コラーゲンをい生成してメラニン色素を無色化してくれます。
寒冷でビタミンCの消費量が高まるので、冬は多めに摂ることが重要です。

ビタミンCはブロッコリー、ゴーヤ、キウイ、柿、ピーマンなどから摂取可能です。

ビタミンE

冬の寒さによる肌乾燥を防いでくれます。皮膚の新陳代謝を高め、ターンオーバーを促進します。肉や魚の脂肪と一緒に食べると吸収率が高まります。

ビタミンEはイクラ、かぼちゃ、ウナギ、タラコ、イワシなどから摂取が可能です。

リコピン

脂溶性の赤色の色素で、シミの原因になるチロシナーゼの働きを抑制します。油と一緒に摂ると高水準で吸収されるので、油料理がおすすめです。

リコピンはトマト、ミニトマト、ほうれん草、ニンジンなどから摂取可能です。

シミの食事まとめ

いかがでしたでしょうか?シミ予防にはβ-カロテン、ビタミンC・E、リコピンがいいということでした。
食材も身近なものばかりなので、これを機に意識した食生活をしてみてはいかがでしょうか?