繁盛する飲食店に共通する立地条件とは?

飲食店は人口の多いエリアではおおよそどこにでも大小見つかりますが、激安牛丼チェーンから三ツ星レストランまでその種類は様々です。激安の店やリーズナブルな店が集中するエリアもあれば、高級レストランしか入れないような高級街もありますが、飲食店を成功させるにはこうした立地について十分注意する必要があります。

また立地条件と言っても単純に人の流れだけを目安にしてもいけません。いくら何千人という人の流れがあろうと、大学の前に高級レストランを営業しても、人入りは期待出来ないでしょう。そうした大学の前や学生の多い地域では例えどれほど美味しくとも高級レストランではなく、安価な牛丼チェーンの方が繁盛するでしょう。

一方閑静な住宅街の中に、牛丼チェーンを営業してもおそらく繁盛はしないでしょう。住宅街の中ではちょっとした外食などのニーズが高いので、中級程度のレストランやファミレスなど家族で行けるような店が流行るので、やはり一人でさっと入るような牛丼屋は不向きだと言えます。

この他にもオフィス街にはオフィス街、駅前には駅前の適した飲食店というものが存在するので、必ずしも人通りの多いエリアに全ての店が入るべきではありません。高級レストランならば客単価も高いので、人通りの少ないエリアでもやっていけることもありますし、食事それ自体が目的となるような高級レストランならばいくら立地が悪くでも、電車や車で多くの方が訪れます。

このように飲食店を経営するためには店の種類や客層を十分に意識した上で立地を決定する必要があります。同業者の客層などをしっかりと観察し、自分が同じような店を開いた際にそのエリアの客層をどれだけ取り込めるかということが重要になります。そのため土地勘の無いエリアには十分リサーチをして、その地域の潜在的なニーズや傾向というものをしっかりと把握した上で経営を行っていく必要があります。ぜひ客層を見誤らずに見方につけて営業して下さい。

ケータリングカーはちょっとしたタイミングで買えるのがいい

オフィルビルや人が多く集まっている場所に行くと必ず目につくのがケータリングカーです。人が多い所だとこういった出張出前という感じでたくさんのケータリングカーを目にすることもできるようになりました。平日はもちろん休みの日にお出かけしてるとお昼の時間帯だと行列ができていたりしているので、ちょっと小腹に何か入れようかなという風に思う時や時間がないときはコンビニを利用してしまってお弁当と飲み物やパンやおにぎりで簡単に済ませてしまうのですが、コンビニで買ってもお店に入っても値段が変わらないのが気になっていました。

ケータリングカーが来るようになってからはいろいろな食べ物がお店ごとに個性的に分かれているので、何を食べようかと楽しみができてとても嬉しくなったので、移動時間も気にしないですぐに食べられるので時間もかなりの余裕が出てきました。ケータリングカーでお昼やちょっとした軽食を取るようになってから特にうれしいと感じたのは、工場で作られて並んでいるお弁当と比べて、出来立てのお昼ご飯を食べられるようになったことです。

コンビニで温めてもらったお弁当もよいですが、大体食べるごはんが決まってしまうのが気になる部分でしたが、ケータリングカーの出しているご飯であれば日替わり弁当といった所から、世界中の食べ物といった所まで手ごろな価格で購入できるようになりお昼ごはんのバリエーションが増えてたことが嬉しいです。お財布に余裕があるときはちょっと多めに買ったりだとかと1日のうちのご飯に楽しみができたのがさらに嬉しいポイントです。ケータリングカーを見てご飯を食べようかなと思ったのはご飯のおいしさだけじゃなくて近くを通った時に感じるおいしそうな匂いです。

お祭りなどで食べる焼きそばやたこ焼きに似た感覚でとても楽しい気分にもなるのがケータリングカーです。外で購入するという感覚が楽しくてついつい通ってしまうのも良い点です。これからもタイミングが合えばケータリングカーを利用していきたいと思います。

街で見かけた面白いケータリングカー

最近はケータリングカーを見かけることが多くなりましたが、思い返してみると、日本では馴染み深いものだったのかもしれませんね。私が子供の頃は、パン屋さんが移動販売車を走らせている光景が全国で見られましたし、おでんやラーメンの屋台も、広義のケータリングカーであると考えられるかもしれません。もちろん、今は昔よりもだいぶ設備が充実して、料理のバリエーションも増えましたし、いろいろな企業に活用されています。

私が頻繁に目にするケータリングカーは、ホームセンターの駐車場で料理を提供していますね。どうやら店舗を運営する会社と契約しているらしく、月に一度か二度やって来ます。メロンパンやドーナツにコロッケなど、子供からお年寄りまで、幅広い年齢層の方が食べられるものを、その場で調理して出してくれるのが魅力的です。カラフルな車からおいしそうなにおいが漂ってくるだけで、見慣れたホームセンターも、楽しいフェスティバルに早がわりします。いつも家族連れの行列ができていますし、私も購入することが多いですね。

これは面白いなと思ったケータリングカーもありました。車で営業先に向かっていると、前のほうに見慣れたレトルトカレーのパッケージが走っていたんです。驚いて、見間違いかなと思いましたが、たしかにスーパーでよく見るパッケージです。よく見ると、車に商品のイラストが描かれていました。側面にはファストフード店のドライブスルーのような大きな窓が開いています。カレーの絵を走らせると同時に、その車で本当にカレーを販売するという、なかなか考えられた取り組みです。

車体に企業のロゴや商品画像をペイントして、屋台のように食べ物を販売するというケータリングカーは、調べてみると結構多いようですね。先日も、大手ピザチェーンの車が停まっているところに偶然出くわして、野外でピザを食べるという楽しい経験をすることができました。馴染みのお店で食べる料理もいいですが、お店が走ってきてくれるというビジネスモデルも、これから社会に定着するでしょう。

おもてなしの精神満点の、最近気になった飲食店

以前から飲食店を巡るのが大好きでした。グルメと言えばグルメなのですが、美味しさとともに素敵な飲食店を探す事に、とても喜びを感じます。自分で飲食店をやりたいと言う夢もあったせいか、巡り歩いて夢のかけらを拾い集めていると言った感じです。既にその夢は昔の話となりました。やはり飲食店を経営する大変さを、アルバイトの体験から悟ったからです。夢は膨らみますが、飲食店と言うのは経営が難しいものです。また、継続していくことは至難の業ではありません。1年ほど飲食店でバイトした結果、私には継続という部分で適性がないことを自覚しました。数年ならまだしも、数十年単位で考えた場合、自分には無理だと実感しました。

と言うことで、今は色々な飲食店を巡ることで夢を叶えていると言う感じなのです。そのため、素敵な飲食店に巡り合えると、自分のお店のような気がして嬉しくなり、愛しくなったりします。そんな愛着が湧くほど素敵な飲食店というものは、早々に巡り合えるものでもないのが実態です。味や雰囲気やサービス精神など、それぞれのお店のお気に入りポイントはありますが、それらが全部そろっている飲食店は少ないものです。今まで巡った中でも、そのようなところは5件ほどといった程度です。

そんな衝撃的とも言える素敵な飲食店との出会いが、つい先日ありました。その飲食店はフランス料理のお店でした。隣町にある1年ほど前にオープンした飲食店で、桜並木の大通りに面したお店です。立地条件も抜群で、ガラス張りのお店からは緑が溢れ返っています。シンプルかつ清潔感漂う店内は、落ち着いて食事するのにぴったりの雰囲気です。何より感動したのは、そのおもてなしの精神です。1日に受けるお客様の数を制限しており、一組一組のお客様を大切にする精神にも好感がもてました。味は某レストランで修業したと言うことで申し分なく、飾りつけも素敵でした。サービスも心配りが感じられ大変気分よく食事ができました。突然の誕生日宣言に、デザートに1品プラスして、バースデー仕様に飾りつけして対応してくれました。おもてなし精神が満点の、素敵なお店でした。

野外イベントの必需品

フード系のイベントやロックコンサートなど、都会から地方まで季節を問わずさまざまなイベントが数多く催されています。中でも、建物内で行うイベントと違って解放感があり、より多くの集客が出来る野外イベントの人気が上昇しています。屋外の風の心地よさを感じることができるメリットがある一方、参加者にとって野外ならではの困ったこともあります。

まず一つは、天候に左右されやすいことです。大抵のイベントは、小雨ぐらいならば中止にはなりません。当然屋根はありませんので、濡れないように雨対策を準備する必要があります。人と人との間隔が適度にある会場ならば傘でも大丈夫ですが、混み合う中で差すのは危険ですし、他の人の視界の妨げになり迷惑となってしまいます。そのため、傘を禁止されている野外イベントもあります。一番便利なのはレインコートです。安全性が高く、たたむとかさばりませんのでバッグに入れての持ち運びが簡単です。

最近では見た目もオシャレな、一見雨具だと分からない通常のコートのようなデザインのレインコートもありますので、ファッションを気にされる方ならそういったものを探してみると良いでしょう。また、足元の泥はねや水濡れの対策として、レインブーツを持っていくこともおすすめします。折り畳んでバッグに収納しやすいタイプのものもありますので、雨が降れば履き替えられるようにしておくと便利です。

一方、晴れていたら何も対策する必要は無いように思えますが、土のグラウンドで行われる場合は土埃の対策を取らなければなりません。大勢の人が行き交いますので、空気中には常に土埃が舞い上がっており、口や鼻、のどの不快感を訴える人が少なくありません。土埃を吸い込まないようにマスクを着用したほうが、快適に野外イベントを楽しむことができるでしょう。

また、急な天候の変化や機材などの不具合で、イベントの一時中断などが起こる場合もあります。滞在時間が長引く可能性を想定し、飲み物や食べ物などを準備しておくと良いでしょう。

ケータリングカーの魅力は小さな非日常が味わえること

街やイベント会場などでケータリングカーを見かけると、何故か少し気持ちがワクワクしてきます。小さな販売車を見ただけで嬉しくなるのは不思議な気もします。でもそれにはちゃんとした理由があります。移動販売なので、固定店舗のようにいつも同じ場所にお店があるわけではありません。なのでいつもは何もない場所にケータリングカーがふっと現れると、チョットした非日常の感覚がするのです。

非日常というのはお祭りや大イベントなどでよく味わえます。日常とは違ったワンダーランドのような楽しさがあってテンションが上がります。でも大規模な仕掛けがなくても、簡単に非日常のワクワク感を演出してくれるのが、ケータリングカーの大きな魅力の1つだといえるでしょう。

何しろ日ごろはそれほど食べないようなメニューが並んでいるし、しかも最近の商品は本当にスゴク美味しいです。なので販売車を見かけただけですぐに買って食べたくなってしまうのです。見慣れた街の中にオシャレな移動販売の車が止まっている風景を、外国ではよく見かけます。ケータリングカーは、今やごく普通の平凡な街並み小粋で魅力的な街角に変えるファンタスティックな演出効果さえあるといえるのかも知れません。

何しろ最近の商品は本当に魅力に溢れていて、思わず頬張りたくなる商品ばかりです。例えばケバブやタコスやタコライスなどのエスニック系メニューの販売車を見かけて気にならない人がいるでしょうか。また定番のホットドッグやフランクフルトやハンバーガーやカレーパンなども安定した人気があります。意識高い系の女性ならカフェがお気に入りです。香り豊かなコーヒーに美味しいスイーツがあれば、ハイセンスな午後のひと時を満喫できます。ヘルシー志向の方には、都会的で体にやさしいオーガニック料理がオススメです。

このように客層に合わせて最適なメニューが用意されています。味も最高で中々普通のお店では味わえない商品ばかりです。手軽に非日常を演出できるケータリングカーは、今や都会の小さなオアシスといえるのかも知れません。

ケータリングカーで売り上げを伸ばすために出来ること

ケータリングカーで営業を始めたものの、売り上げが中々上がらないという方もいらっしゃるのでは無いでしょうか。
自分の料理には自身があるけど、お客さんが根付かない、場所を変えてもお客さんが増えないなど実はケータリングカーで悩みを持っている人は意外と多いのです。

今回はそんな売り上げで伸び悩んでいる人へのヒントをいくつかまとめました。
少し見てみてください。

■販売する場所の工夫
ケータリングカーは移動できるメリットがある反面、オフィス街などのランチタイムでの営業は路上での販売がグレーゾーンだったりします。
宣伝はしたいけどあまり目立たせることも出来ないというジレンマを感じている人もいると思います。
そんな人におすすめしたいのが広い公園スペースです。
これは公園内のスペースで営業するのでは無く、公園スペースの周辺で営業を行うという意味です。
これは一見人が集まらないように見えますが、公園にお弁当を持ってランチを食べに来る人は意外と多くいます。
公園周辺は視認性が高く、歩行者の人たちからも目立ちます。
また広いスペースほど営業許可は出やすいので、一度営業をしてみてお客さんが来てくれた場所で随時営業許可を取っていくことも良い方法です。
場所を増やすと手間はかかりますが、いろんな場所で広く視認性の高いスペースで営業できるということは販売において大きなメリットです。
いくつかの大きな公園を移動をしてこの公園に来るのは何曜日、何時頃などをお客様にも告知しておくと良いでしょう。
そうすることでリピートしてくれる固定客を増やすことが出来ます。

■地域の中でケータリングカーの組合を探す
地域の中では同じケータリングカーの販売をしている人たち同士で組合を作ったりしています。
移動販売は個人営業というイメージがありますが、こういった組合ではイベントで呼びかけあったり、許可されている場所を共有することで共存をしていく仕組みを作っています。
販売スペースの中では競争相手ですが、複数のお店で出店する方が屋台のメリットは大きいのです。
こういった組合に参加してお店を持つ者同士の情報交換することは移動販売での営業に必ず役に立つと思います。

いかがでしょうか。
これ以外にも売り上げを伸ばす行動はいろいろあります。
ぜひ良い方法を見つけ出してください。

野外イベントで満足するために注意したいこと

とっても楽しい野外イベントへの参加は夏休みであればいい思い出に残るような体験となるに違いありません。ところがひょっとすると嫌な思い出になってしまう場合もありますので注意が必要です。というのはそういったイベントで怪我をしてしまったり、財布を落としてしまったとか、置き忘れなどをしてしまうことがあるからです。せっかくの楽しいはずの野外イベントがそのようなことになってしまったら本当に残念です。

他にもうひとつ注意するのは、虫であり、蚊や毛虫といったものです。特に野外であるとそうしたものが明るいところに集まってくる傾向があるので虫さされで嫌な思いをするかもしれません。どうしても夏であれば暑いので肌を露出したいですし、そもそも開放的な雰囲気の中で長袖長ズボンというのはミスマッチのような気がするのも確かです。どうしてもそのような服装をしたいのであれば、あらかじめ虫刺されの薬やスプレーを吹き付けて虫が寄ってこないようにブロックができるかもしれません。特に汗をかきやすい人は虫に好まれやすいかもしれませんので気をつけておいたほうがよいかもしれません。

人が多いところには怪我や事故が起きやすいといわれていますが、人ごみだと足元が見えなくて転んでしまったり、小さなお子さんがいればちょっと目を離したすきにどこかに行ってしまって迷子になってしまったとか、そんなことが起こることがあります。つい楽しいのではしゃいだり遊んだりしてしまいがちです。それ自体は悪いものではないのですが、注意しながら遊ぶように心がけたいところです。野外イベントで本当に楽しかったと思うことができるのはそのような怪我や事故やトラブルがなかったときであり、家族が皆で楽しめたときですので、そのような体験となるように、特に家族の頭であるお父さんの責任は大きなものになるかもしれません。そしてこのようなイベントの時にはある程度のお金を使って楽しみたいものです。

個を重視する飲食店が増加しています

昭和時代の飲食店は、家族が利用することを想定して大衆を重視した経営を行っていた事が特徴です。用意している座席に関しては、4人から6人程度が利用できるテーブルをグループ毎に分けて、1つの家族が団欒を行いながら楽しく利用していた傾向です。多くの利用者の事を考えて会社の社員などの団体向けに対して、広いスペースで席を設けている飲食店も多くなりました。

大衆を重視したテーブルの形成は、お客様の稼動の割合を上げる事に繋がって、利用者が多くなる事で安定的に利益を上げられる事がメリットです。昔は他人と一緒に行動しながら食べる事が主流で、1人で飲食店を頻繁に利用する機会がなかった事で基本的には1人の専用の席は少ない傾向でした。営業の仕事などで温かい食べ物を食べたい場合、すぐに済ませられるようにカウンター席で食べていたサラリーマンなどがよく利用していた傾向です。

近年は独身で生活する事が主流になっている傾向で、お一人様という言葉が流行るようになりました。1人でも気軽に飲食店を利用できるように席の設置の仕方を変化させている傾向です。カウンターの近くにある席を広めに取ったり、他の人と対面しながら食べる時に見えないように壁を作って、気軽に単独で食べれるようになっている時代になりました。当然、家族が利用する事を考えて家族が座れるようにテーブルを形成している場所もあります。1人で気軽に食べれるようになった反面、対面しながら家族で楽しく食べられるテーブルが減っている事が昭和時代と異なる点であると言えます。

多くの飲食店では様々なお客様が利用する事を考えて、分煙のシステムを構築したり、完全な個室で利用できる所も多くなりました。喫煙をしない人や単独のお客様の事を考慮して、様々な席のタイプを設けていることが特徴です。腰の負担を柔らかくする為にリクライニングの座席を設けたり、膝が冷える事を防止する為に膝掛けなどの道具を用意して、より快適にお客様が利用できる環境を整えています。

野外イベントにおける飲食ブースの設置

野外イベントの会場では、飲食に関するブースが設置されている場合が多いのではないかと考えられています。出店が運営されていることが最も多く、気軽に様々な食事をとることができるように環境が整備されているのではないかと思います。大規模な野外イベントである場合には、このような飲食ブースが非常に多く設置されていることもあると考えられているため、気軽に空腹を満たすことができるようになっていると言えるのではないでしょうか。様々なタイプのメニューが常時振る舞われているとされており、イベントそのものと共に評価される傾向が強くなり始めているのではないかと思います。

従来に比べて、野外で開催されているイベントの数は多くなってきていると推測されています。そのため、このような形式で食事を気軽にとることができるようなブースが設置されてきていることに関しては、強く歓迎されるようになり始めているのではないかとみられています。また、こうしたブースで注文できる食事の種類も着実に拡充されてきており、積極的に飲食ブースに立ち寄る人が年代を問わず増加の傾向にあるのではないかと思います。野外イベントの主催者によっても、どのようなブースを設置するかは異なっているとみられていることから、その点にも強い関心が示されているのではないでしょうか。

今後も多くの野外イベントの会場において、飲食ブースが設置される状況が度々確認されていくのではないかと予測されています。これまで以上にイベントの数も多くなっていくと考えられているため、飲食ブースを目にする機会も着実に多くなっていくのではないかと予想されています。高い頻度で飲食ブースを利用する人も多数見込まれるようになってきており、飲食ブースの存在感が一層大きなものとして認識されるようにもなっていくのではないでしょうか。野外イベントの運営にも関わるブースとして、多くの方面で注目を集めていくのではないかと推測されています。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑