健康について考えられたメニューにする

近年は健康食ブームにあるので、飲食店においても健康的な食材に気を使ったメニュー構成にしていかないと、お客さんにアピールすることが難しい状況に有ります。

こってり系の食べ物は今でも人気が高いのですが、中性脂肪が高くなったりするマイナス要因があるため、あまり全面にこってり系の食べ物ばかりを打ち出すのも問題となるのです。

最近は、コンビニなどの弁当にもカロリー量が掲載されるようになっており、これを目安にして食事を求める人がいるのです。これは外食産業においても同様であり、メニューにある程度の食事のカロリーが記載されている方が好感度が高くなります。

そうなってくると、肥満に直結してしまうような揚げ物などのメニューを前面にしているお店の場合、固定客が段々減ってしまう可能性もあるのです。

健康的な考え方を忘れさせるような最高に美味しいメニューを提供することができれば良いのですが、リーズナブルな食材を使いながらこのような良いメニューを作っていくのはとても難しい事です。

そんな事があるので、多くの人に支持されるような飲食店になるためには、ある程度の食材を絞り込み栄養価をキープしながらも、カロリー量を抑えていくようなメニューが求められるのです。

実際に、低カロリーな食材だけを取り扱っているファーストフード店に人気が集まっているという状況があります。これは、購入する事ができるメニュー全てにカロリー量が掲載されていて、食べ合わせが良いトッピングなども紹介されています。

特定の食材を一緒に食べることによって、栄養が吸収されやすくなったり、血行が促進したりといった様々な良い効果があるのです。このあたりの健康的な部分をお客さんにアピールするといったやり方も必要になってくるのです。

飲食店では、美味しいメニューを揃えて販売するだけでなく、更にもう一歩先のことを考えたアプローチをしていく必要があります。美味しくもありながら健康的なメニューであれば、広く支持されるはずです。”

1年中楽しむ事ができる野外イベント

野外イベントと聞くと、どのようなイメージを持たれるでしょうか?夏に開催される事が多い、野外フェスなどをイメージされる人も多いかと思います。
しかし、一言で野外イベントと言っても、様々なイベントがあり、その為、1年中楽しむ事が可能になっています。
まず、寒い冬の季節。どうしても野外イベントと言うイメージがないかも知れませんが、冬でも野外イベントは多くの場所で開催されています。その代表的なものがクリスマスや年末のカウントダウンイベント!クリスマスツリーの下で行う野外イベントとはじめとし、カウントダウンの場合、日本中多くの場所で野外イベントとして開催されています。

その後、少し暖かい春を迎えた頃から夏にかけ、野外イベントが本格的なシーズンを迎えます。特に音楽フェスが盛んで、野外ステージで多くのアーチストたちと一緒に音楽を楽しむ事ができるイベントが盛りだくさんになします。中には、1日中行われるような野外イベントもあり、朝から晩まで大好きな音楽の下で楽しむ事が可能になっています。
そんな、暑い夏を終え、秋が深まった頃でも音楽フェスは続き、その他、ハロウィンパーティーを兼ねた野外イベントが盛んに行われるようになってきます。少し前までは日本でもなじみの少なかったハロウィンパーティーですが、ここ数年で、非常に盛んに行われるようになり、仮装をはじめとし、様々なイベントが開催されています。

このように、野外イベントと聞くと夏のみのイベントのように思えますが、1年中楽しむ事ができる事が多く、また、季節感を味わったイベントに参加する事が可能になっています。
若い人だけが楽しむイベントではなく、老若男女楽しむ事ができる内容になっており、家族3世代に渡り一緒に楽しむ人までいるほどです。
そんな、多くの野外イベントの中から自分にあったものを見つけ出す事で、野外イベントのイメージも変わり、楽しいひと時を過ごす事が可能になってくると思います。

食べ物も含めて野外イベントを楽しむ

 たとえ食べ物がテーマの野外イベントではなかったとしても、野外イベントにおいて食べることはかなり重要なウエイトを占めています。野外イベントはとても多くの人が集まりますから、その人たちをターゲットにした屋台や出店が数多くあります。野外イベントともなればどこかで必ず何かを食べますので、そうなれば屋台や出店を利用して食べ物を確保するのが一般的です。

 焼きそば、たこ焼き、お好み焼きなどの定番食べ物はもちろんのこと、フランクフルト、綿菓子、リンゴ飴などの縁日系、バナナチョコ、クレープなどのスイーツ系、ステーキ丼、焼き鳥、イカ焼きなどのおつまみ系など、さまざまな種類の食べ物が野外イベントでは売られています。

 それだけ多くの食べ物が売られていると、野外イベントそのものよりもそちらの食べ物がメインになっているという人も、少なからずいたりします。

 それら野外イベントで食べられる物というのは、値段が普通に比べれば割高です。しかし、野外イベントに参加しているという高揚感、その場の雰囲気がありますので、割高だろうと何だろうと食べたい物を食べてしまいます。

 あまり細かいお金のことなど考えずパーッと楽しむことこそが野外イベントでの醍醐味と言えますし、それは食の面においても同じことなのです。また、野外イベントで売られているような食べ物は、好き嫌いの激しい子どもでも食べやすくなっている場合が多いので、家族連れでも安心して参加することができます。大人たちは楽しめても子どもは楽しめないというのであればとても残念ですが、野外イベントの場合決してそんなことはないのです。

 そんな風にして野外イベントともに食べ物についても楽しむことができれば、そのイベントは何倍も楽しくなっていきます。それだけ楽しい経験をするのも日常生活の中で考えれば数少ないわけですから、食べ物も含めて存分に満喫したほうが良いのは言うまでもなく、それこそが野外イベントの楽しみ方です。

ボリューム重視となる飲食店

テレビのバラエティー番組で、美味しそうな飲食店のメニューが紹介される事があります。リーズナブルな価格設定であるメニューや、奇抜な発想のメニューが珍しげに紹介されたりするのです。

このようなお店で人気になるのは、美容や健康に良い食材を使っているにもかかわらず、リーズナブルに提供されているようなメニューなのです。

また、手軽に自宅でできるようなフレンチトーストが話題になることもあります。牛乳を浸して卵を絡めて焼くのがフレンチトーストですが、その材料の中に玉ねぎやほうれん草などの野菜類を多くトッピングして、たっぷりチーズで焼き上げたようなレンチトーストです。

見た目には、トロッとしたチーズからピザのような感覚の仕上がりになっています。このような使っている材料と見た目にギャップがあったり、割とリーズナブルな価格でできるにもかかわらず美味しく仕上がるなどのメニューが人気になるのです。

数年前には、大きなカットの肉をステーキにして、大ボリュームなのに非常に安く提供してもらう飲食店が人気となります。肉類を焼いて食欲が増進するようなソースをたっぷりとかけるとは、どんなメニューでも美味しいですが、これが安い価格で食べることができるとなれば人気となるのです。

一般的に、ある程度のメニューの相場が決まっているのですが、その相場よりも数百円でも安く設定して提供していれば、安いお店であると多くの人が認識します。

給料日などのお気に入りの日には、価格に関係なくより美味しいお店に足を運ぶことが多くなりますが、そうでは無い日の場合、一般的にはリーズナブルなお店も選ぶ傾向にあるはずです。

そうなってくると、少しでも安く提供している飲食店にお客さんが集まる傾向になり、中途半端な価格設定をしているお店の場合は、あまりお客さんが集まらない状況が続くことがあります。そうなってくると、営業を長期的に続けることが難しくなってしまうのです。

初めての飲食店でのアルバイトの経験について

私は大学4年生の時に初めて飲食店でアルバイトをしました。

それまでやっていたのは単発の試験監督などやイベントのスタッフなどでした。両親はあまり飲食店でのアルバイトを勧めてはいませんでしたが、大学卒業までに一度くらい経験しておこうと思い、大学の学生生活課の掲示板で探して申し込むことにしました。

ちょうど大学の隣の駅のイタリアンレストランでアルバイトの募集をしていたので、早速申し込んでみることにしました。
いざ面接に行くと大変緊張しましたが、レストランのアルバイトの女性店長はとても感じが良く、すぐに採用してもらえたのでよかったです。

しかしアルバイトが始まってみると、私がいかに飲食店でのアルバイトに向いていなかったかわかりました。
実家生でそれまであまり家事などを手伝ってこなかったこともまり、トイレ掃除ひとつでも手際が悪く、かなり時間がかかってしまいました。
何をするにも不慣れで、毎日のように店長に呆れられたり怒られたりしました。それでもよくクビにせずに雇ってくれていたなと今でも思います。
仕事の手順や店長から言われたことなどをきちんとメモに書いておくようにして、仕事が終わった後は何度も見直すようにしました。
自宅でも心を入れ替えて家の仕事をどんどんやるようにしていきました。

そうするうちに徐々にレストランでの仕事が速くできるようになり、店長からも見直してもらえるようになりました。
飲食店のアルバイトは自分にとっては試練の時だったかもしれませんが、今となってはそこで貴重な経験をさせてもらい、たくさんの事を学べたな
とありがたく思っています。

それ以後は飲食店での勤務経験はありませんが、就職してからもそこで学んだことは大いに生かせたなと思っています。
今はそのレストランはなくなってしまったようですが、貴重な経験をさせてもらった店長には大変感謝しています。
またいつかどこかで会えることがあればお礼を言いたいなと思います。

安定して飲食店を経営するには接客も大事!

さまざまな野望をもって飲食店経営を目指している人が、多いのではないでしょうか。実際に経営することは資金さえあれば簡単なことなのです。

ただ、長い期間営み続けることがとても難しいと言われているのが、この飲食店業界なのです。では安定して経営しつづけるにはどうしたらよいのでしょうか。

飲食店経営を安定させるには、いろいろなコツがありますが、まずはよい接客をおこなうことが、飲食店経営のコツの第一ポイントになるのではないでしょうか。あのお店にまた来たい!そう思わせるような接客が大切です。

たとえば、元気な声で第一声を使えるようにしましょう。第一印象は思った以上に大事ですから、元気の或声で笑顔を添えてあいさつをしましょう。

さらにメニューを出すときも、お客さんの雰囲気を感じ取る必要があります。まだメニューが決まらないのに、いつまでも立っていたら威圧感があります。その場合はすぐに立ち去り、お客さんに考える時間を与えましょう。

逆に、ランチタイムなど忙しい時間帯では、お客さん側ですでに注文が決まっている場合があります。そんなときは、雰囲気を察してすぐさまオーダーを取るとよい印象をもたれるでしょう。

そして、食べ終わったお皿があったら、さりげなく下げることが望ましいですね。場合によっては、下げていいのか迷うことがあります。そんなときは、「お下げしてもよろしいですか。」と一言添えるとよいですね。

また、万が一何か失礼があたったら誠意をもって謝ることが大切です。あまり大きい声だとかえって失礼になるので、気をつけましょう。何事も誠意を持って望むと相手に気持ちが伝わるものです。

このような当たり前の接客マナーが、意外とできていない飲食店は少なくありません。味で勝負するのは大事なことですが、人間相手ですから、対応の仕方にも気を配ることを忘れないようにしましょう。安定して経営していくコツはいろいろありますが、接客マナーもしっかり身につけておくとよいでしょう。

野外イベントで食べる食べ物はどうしてあんなにうまいのか

私は昔から出店での買い食いが大好きでした。小さいころから好きだったようで、親からもよく昔話として聞かされます。当時はなんて食い意地のはった子供だなんて笑われていましたが、どうやら食い意地が張っているわけではなく、出店や屋台が出ているあの雰囲気の中で食べる食べ物が好きだったようなのです。

子供ながらにあの雰囲気を楽しむことができるとは自分で自分にびっくりですが、同じ感性を持つ人にはわかってもらえるかと思います。

先日野外イベントに行きました。そのイベントに参加した目的は当然出店で食べることのできる食べ物です。本当のメインはバンドの歌だったのですが、私にとってのそれはあくまでもおまけで、メインは屋台の食べ物なのです。

私はひとつひとつ食べて行きました。たこ焼き、お好み焼き、焼きそばにオムソバ…どれも非常にバラエティー豊かな味付けと風味でとても楽しむことが出来ました。よく屋台を運営しているのはカタギでない人間であるという話はよく聞きます

が、私にとってはそんなことどうでもよいのです。重要なのは「楽しい場所で美味しい食べ物を屋台から購入して食べることができるか」ただただ本当にこれだけなのです。カタギがどうとか、イベント内容がどうとかは二の次です。

私は冒頭で少し述べましたが、決して食い意地が張っているわけではありません。むしろどちらかというと小食で、普段の食事の量は非常に少ないということができます。そんな私が屋台の前では誰にも負けない大食漢になってしまうのですから、屋台には不思議な力があるといわざるを得ません。

もしかしたら私はソースや青のりの味が好きなのかもしれないと思い、自宅でたっぷりのソースや青のりを使ってお好み焼きを作ったことがありますが、決して屋台のような味を感じることが出来ませんでした。おそらくこれはソースや青のりを別のものに変えたところで変わることは無いでしょう。

私は野外イベント等で、屋台から提供される食べ物が好きなのです。

癒される接待をする鍋料理の飲食店が素敵

寒い季節にはやっぱり鍋料理ですね。鍋っていうのは、本当に芯からホカホカになれます。それに、白菜からネギ、シラタキから魚まで、ほどよく食べれるのが良いんですよね。ちげ鍋から豆乳鍋、牡蠣鍋からタラ鍋まで、実に色々な鍋があるものです。

そんな女性にも、お年寄りにも嬉しい鍋料理がある飲食店があります。近頃は、1人用の鍋で1人で鍋料理を楽しめるお一人様OKなお店も増えています。周りを気にすることなく、仕切られたテーブルで食べることもできるんです。

きちんと1人分だから、残さなくて済むのがいいですね。この鍋には、ヘルシーな水炊きからもつ鍋、すき焼きからしゃぶしゃぶ鍋まで色々あります。ちょっとダイエット中という時には水炊きを、たくさんボリュームある鍋を食べたい時にはすき焼き鍋をってのも良いですね。

カニやフグ、すっぽんからあら鍋までの鍋料理まで色々あるから、本当に楽しく食べることができるんです。2人っきりでまったりと個室で静かに楽しむことができるお店や、団体で広い場所で楽しく食べることもできるお店もあります。

こういったお店は、予約をするとより良い部屋へと通してくれたりするんです。それに、何度も行ってお店の人と仲良くなれば、食材をちょっと良いものにしてくれたり、ドリンクをサービスしてくれる高級な鍋料理のお店があるんです。

飲食店って、何度も行くことでこういった楽しみもあったりするから面白いんですよ。何だか、ちょっとしたVIPになった気分になれますよね。

鍋料理のお店の人って、どこかフレンドリーなところがあります。まるで、田舎に帰ってきたかのような気分になれるような感じがするのです。静かに食べれて、しかもちょっとした会話も楽しめるんです。

挨拶も素敵ですし、ちょっとした心使いも感じられるのが癒されます。何かと気を配ってくれることもあり、そこも落ち着いて何度も来ては食べたくなるところです。

そういったお店を1軒は見つけておくのも、何かと使えるところなんです。

新メニューが多くの人に支持される

美味しい飲食店の条件は、自宅で自分で作ろうと思っても真似することができないようなメニューであるべきです。その様な、美味しいメニューを提供しているお店が話題になって、行列になる事があります。

その様なお店を研究していくと、一つのポイントがある事がわかります。それは、地元で調達することができないような食材を使っていることです。肉や魚などは、専門のお店に行けば調達する事ができますが、ソースだけはどうしても見つからなかったりします。

このような貴重な材料を使っていくことによって、簡単に真似することができないメニューに仕上がるのです。このように美味しいメニューを何度か食べるようになってくると、その店が新メニューが提案されると、多くの人が支持することになります。

ネットなどで、新メニューが販売されていることが分かると、それを食べたいと感じた人達が行列を作るようになります。このように、真似することができない味を提供するお店が人気になり、どこでも食べる事ができるようなメニューを提供しているお店は、そのうち経営が行き詰まる可能性もあるのです。

昔から、地元で慣れ親しんでいる飲食店があり、その飲食店がどうして人気があるのかを考えてみると、多くの人達が飲食店に求めているものが何であるかが分かってくるのです。

ある程度のボリュームと、安い価格設定、そして店内に入りやすいといった部分も影響しているはずです。

最近は鳥の丸焼きや、七面鳥の丸焼きなどパーティーメニューで利用される鶏肉などは、軒並み価格が上昇してきています。これは仕入れ原価が高騰してきたこともあれば、人気になったことにより、必然的に価格を上昇させたような部分もあるのです。

鶏肉のローストなどは、一般の家庭で普通に作ることができないメニューになるので、どうしても人が集まるような場面では、このような珍しい美味しい食べ物を準備しようと考えるようになるのです。

そんな事があるため、より美味しいメニューを提供できれば、多くの人に支持してもらえるはずなのです。

野外イベントの熱い空気は誰でもいい思い出になる

これまで一度もアーティストのライブに行った事がないなら、収容人数の多いスタジアムなどで開催されるものよりも野外イベントの方が初めてのハードルが低くて気軽に楽しめると思います。近年ではツイッターなどに写真をアップするのが流行っていることもあり、気軽にその場のノリをみんなに共有したいなら屋内で行われるものより遥かに規制が低いという点はかなりのメリットだといえるでしょう。これが普通のコンサートだったなら開演中にスマホを出すなんてありえませんし、音はかき消されるといっても画面が光って目立つからすぐにスタッフが飛んできて注意されるのです。

一方で、野外イベントなら私の経験ではちょっとスマホをいじっていた程度なら誰にも何も言われない上に、太陽の下なら全くといっていいほどスタッフに目をつけられることはありません。もちろんライブの映像を撮ったり録画したりといった最低限のことはしないのは前提で、これは絶対に守らないと楽しめなくなります。主にスマホを使うときはセルフィーで野外イベントを楽しんでるよということを伝えるときだけなのですが、フェスだと知らないアーティストやバラード系の曲などだと暇なときもあるわけですし、そんなときこっそりスマホゲームで遊んだりもしています。

こんなことは屋内では難しいだろうから野外イベントという開放感のある場所の特権なんじゃないでしょうか。私は一人でいくのは寂しいからライブにあまり参加しないという友人でも強引に誘って一緒に行ったりするけれど、どちらかというと外で行っているものの方が楽しいという感想でした。音楽以外もさまざまな楽しみ方が用意されている分だけ、きっと初めてでもそれなりに思い出を作れるんじゃないかと思います。今はもう特定の時期だけに限らず、いつでも探せば音楽フェスをやっている感じだからますます参加するのに敷居が下がってきていて、私個人としてはまるで家の近所のコンビニにふらっと出かけるような感覚で突発的に予定を入れるようになりました。

1 2 3 4 5 6
PAGE TOP ↑